« 8の字飛行までの練習(実践編その1) | トップページ | 飛行機編 »

2013年3月22日 (金)

8の字飛行までの練習(実践編その2)

機体の高さが上がると打ち間違い時の機体損傷の度合いが大きくなるが希望の方へ舵が打てるようになっているはずなので、あわててスロットルを戻さないように練習してきた恩恵を大いに受けることになるだろう。
墜落はできれば避けたいが、あまり落ちることに神経質になることもない。墜落したら直せば良い。直す時間はヘリの構造を覚える良い機会であると考えれば良い。今までの練習で無茶苦茶な墜落は少ないはずである。
なお墜落したらその原因を分析すること。腕が未熟のせいにするのは分析ではない。ちゃんと分析できれば次の練習方法や機体の問題がわかってくる。まともな品質管理と同じである。

なお、ローターをぶつけた場合は、ローターだけでなくシャフトやサーボなどにも影響がある場合が多い。特にサーボへの悪影響は外観ではわからないのでよく確認する。サーボの不具合は致命的でそのまま飛ばすと大きな被害を招くことが多い。
ほとんどの場合サーボは手で回すことができるので、全範囲でスムーズに動くことを確認する。そして送信機の信号でもスムーズに動くことを確認する。3軸ジャイロの場合送信機の信号通りサーボが動くとは限らない。中には何分も動かしてたまに引っ掛かるのを発見した人もいる。サーボテスターがあれば、単独でテストをすることができる。

 

Photo_6

さて機体と一緒に移動しなくても1分以上ホバリングできるようになったら、次は思った方に移動させる練習をする。最初は左右より前後を先に行う。この方がヘリの向きと自分の向きが変わりにくいからである。大きく動かした方が飛ばした気になるがせいぜい5mくらいの狭い動きの方がより練習になる。大きく動かすと単に勝手に動いているだけなのに飛ばしていると錯覚しやすい。ふらふらするのは仕方がないが自分の意思で動かそうとすること。動かす範囲が狭い方が難しく、また近くの方が機体の姿勢がよくわかる。
慣れてくると目の前1mくらいまで来ても平気になるが、飛んでいるときのローターは本当に危険なので最低でも2mくらいは離した方が良いのだろう。
前後に動かしているつもりでも左右に動いてしまうのは仕方がない。


                             

Photo_7

左右に勝手に動くのが減ってきたら、今度は意図的にヘリを前に向けたまま左右に動かそう。左右に動いたときにお尻が横を向くので最初はお尻の向きを直すのは構わない。しかし、少しくらい斜めの方がヘリの姿勢がわかりやすいのに気付くだろうからできるだけヘリの向きは変えずに平行に左右とも5mくらい動かそう。左右に動かす位置は向こうに行った時よりも手前に来た時が良い。前後動と左右動を合わせて逆 T の字に動くことになる。









Photo_9

横方向の移動ができるようになったら横の端に行ったときにそのまま前の方に5mほど動かす横での前後動を加える。これによりヘリの向きは一定のままコの字を縦にしたような軌跡を描くことになる。
このとき、端の方でバックし過ぎて自分の位置よりも後ろまで下がるのは仕方がない。この位置では自分にぶつかることもなく、単に横ホバの位置関係になるだけである。
さて、実はこれで横ホバの練習に移れる。左右の時に意図的に大きくバックさせ横ホバの位置関係まで持っていく。このとき不安を感じたらヘリのお尻をこち                              らに向けてケツホバの姿勢にすれば良い。しかし、そのうち横ホバということを意識しなくても横ホバの位置で飛ばせるようになる。この「なんとなく横ホバ」の練習は左右両方で行うこと。








Photo_8

                             「なんとなく横ホバ」ができるようになったら、目の前でヘリの向きを横にして真正面で横ホバの練習をする。
「なんとなく横ホバ」の時より緊張感があるかもしれないが、なんなら体を横にねじってヘリの進行方向を向けば「なんとなく横ホバ」の姿勢である。これで正規の横ホバの練習をする。そのうち体を横に向けなくても頭の中だけで後ろから見ているつもりで飛ばせるようになる。横ホバといっても後ろから見ているつもりに成れればケツホバと同じようなものだ。

横ホバを練習できるようになったら、向きを前進方向にして縦 コ の字にしても良い。左右の前後はラダーを使って前進方向に向きを変える。戻ってくるときはケツホバで戻ってくる。横ホバは前進方向に向きを変える。右行きと左行きでは向きが違うことになる。


                           

Photo_11

 横ホバを左右ストレスなくできるようになったら、次はロの字に飛ばす。ロの字は戻ってくるときを除いてヘリは進行方向を向いて飛ばすようにする。
たとえば右回りに飛ばす場合は目の前で左に90度回転して左に5m進みそこで停止して右に90度回転し前に5m進む。そこで停止また右に90度回転し今度は右に10m進む。そして停止したら今度は左に90度回転して今度はケツホバのバックで5m戻ってくる。そこで左に90度回転して5m進むと目の前に横ホバで戻ってくるはずである。
実際にはそんなに順調に進めるはずはないので行きすぎたり横にずれたりしたら好きな方法で元のコースに戻れば良い。対面ホバは難易度が高いので戻ってくるときは無理しないでバックすること。
また重要なのは右回りと左周りと両方の方向で練習すること。そうでないと旋回の向きに不得手な向きができてしまう。

8

なかなかきれいな四角を描くのは難しいが、ちょっとスピードを上げて切れのいい飛行を目指す。

すると中には、向こうを真横に飛ばすつもりで斜めにこっちに来ることもあるだろう。たとえば左奥の位置から右手前の位置に斜めにまっすぐ来た場合である。実はこのコースは8の字飛行のコースである。狙って行うと緊張するが勝手に来てしまう場合はちょっとあわてるが、自然と8の字の練習になる。これを右回転と左回転でやっていると8の字をいやおうなく行っていることになる。


後は
8の字飛行ができたということに気付いて8の字の飛行の練習をすれば良いだけである。8の字も右回りと左回りの両方とも練習しないと苦手の向きができる。右回りと左回りでは速度が出ている場合は舵の効き具合が違うはずである。

8の字のターンは前進しながらの進行方向の変化なので、ラダーだけでなくエルロンも使ってスムーズにターンするようにする。

速度をつけてターンする場合は、機体をエルロンで傾けないと曲がる方へ曲がってくれずに向きだけ変えてまっすぐ行ってしまうのである(実際には小さいながらも垂直尾翼があるので多少は向きが変わる)。

多分実際にはエルロンを一旦打って傾けてそのごずっとラダーで向きを調整しながらターンするということになるだろう。ターンの終わりにはエルロンを逆に打って姿勢をも出さなければならない。

なお8の字飛行は飛行範囲を広げた方が操作しやすい。またここまでくればもっと上空に上げても良い。

Dでない普通の飛行が十分できるレベルになるはずである。 

なお、8の字飛行の形がちょっと崩れるとほとんどこちらに向かって来る状態になるので、対面飛行と同じである。
ただし、速度があるので対面ホバよりは簡単である。ここで速度を落としていけば対面ホバになる。
ここまでくればかなり自由に飛ばせる状態なので対面ホバの練習なんかやる気がわかないかもしれないが、ゆっくり飛ばす練習をして対面ホバもストレスなくできるようにするべきである。

 

風の練習

模型のヘリは風に結構強い。風上に向かってなら結構コントロールしやすいのでケツホバを安定してできる腕ならば、風の強い日にホバリングの練習をするのも良いだろう。強風で怖いのは風速や風向の変化も大きくなるからである。風速10m毎秒でも時速にすれば36kmである。450クラスなら楽に対応できる。風が大きく変化するたびに機体は突然地面に叩きつけられそうになったり急に上昇したりする。横向きに風を受けると左右に飛ばされる。素早いスティックの対応が必要であるが、ヘリの場合は素早いスティック操作は普段から必要である。(あくまでも早さであり量をたくさん動かすことではない)
あまり遠くへ行くと機体の動きが見えなくなるので機体の動きがよく見える範囲で風に正対し少し高度を取って、ひたすら暴力的な風に耐える練習をすると次の無風時に飛ばしたときに飛ばすのがずいぶん簡単に感じるだろう。ホバリングが満足にできないうちは自殺行為だろうが、ホバリングに慣れてきて、飛ばしていて風が少し強くなってきたと思ったらケツホバだけに切り替えて飛ばすと意外と練習になるだろう。

落としてもどうせ風が強くなったのだから直す時間は十分あるはずだ。

なお、3Dに進みたい人は筆者では能力不足なので別途調べていただきたい。

本物のヘリと違って模型では相対強度が高いため信じられないような動きが可能である。とはいえ特に大きな機体では、ローターの破断なども起き、機体の限界に挑むことにもなる。


さて、これで、ヘリの説明は一旦終了とする。

多少ともラジコンヘリを飛ばすための役に立ってくれたら幸いである。


« 8の字飛行までの練習(実践編その1) | トップページ | 飛行機編 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563069/57005964

この記事へのトラックバック一覧です: 8の字飛行までの練習(実践編その2):

« 8の字飛行までの練習(実践編その1) | トップページ | 飛行機編 »