« 組立・調整 その2 | トップページ | 8の字飛行までの練習(理論おさらい) »

2013年3月10日 (日)

飛ばす前の確認、飛ばすときの確認

上げればきりがないが痛い思いをしたことを中心に記す

 

l 電源を入れる前に必ずメインローターを両側からシャフトに止めているネジとテールローターを止めているイモネジがゆるんでいないかチェックすること。

l テールがベルト駆動の場合はベルトの張りをチェックする。強すぎてもとベルトの寿命を縮めるがゆるすぎてテールが滑るともっと悪い。

l 各部のネジがゆるんでいないか最低ボディの剛性だけはチェックする(ふにゃふにゃしていないこと)

l ローターを回転させて変な引っ掛かりが無いこと。

l 送信機のバッテリーと本体のバッテリーの充電は十分か確認する。

l ヘリの電源を入れる前にプロポの電源を先に入れ各スイッチが安全な位置にあることを確認する。

l ヘリの電源を入れたらジャイロの初期化が完了するまで機体が動かないように注意する。

l 3軸ジャイロの場合は飛ばす前に必ずジャイロの働きの向きが正しいか確認すること。何故か逆になっていて飛ぶ前に墜落させる人が多い。

l いきなりスロットルを上げずにゆっくり上げる。特にその日の最初は、舵が正常に効くのを確認し異常があればすぐにスロットルを下げる(このときばかりは墜落の時と同様、目一杯急に下げて良い)

l スロットルやピッチは温度や風などの影響があるので、しょっちゅう変えても良い。このためのトリムが2個スティックよりやや上の方に付いている送信機が多い。

l 3軸ジャイロの場合多くの場合舵のトリムはいじってはいけない。万一いじったら送信機の電源を切る前に元の中立に戻すこと。そうしないとジャイロのセンターがスイッチを入れるたびにズレていきある時に限度を超え突然ジャイロが効かなくなる。

 

l 落ちて壊れたら修理すれば良い。ちゃんとした機体はパーツが揃っている。サーボがおかしい場合は外観で分かりにくい。外から手で回して引っ掛かる場合は注意が必要。歯車が破損していたり、シャフトが曲がっている可能性がある。ヘリの場合はサーボの不調は即墜落につながる場合が多いので気になる場合はサーボテスターなどで何度も動作させて確認すること。

l トラッキングがずれているかどうか時々チェックする。

« 組立・調整 その2 | トップページ | 8の字飛行までの練習(理論おさらい) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563069/56928926

この記事へのトラックバック一覧です: 飛ばす前の確認、飛ばすときの確認:

« 組立・調整 その2 | トップページ | 8の字飛行までの練習(理論おさらい) »