« 鼻血ブウ | トップページ | ネコは喜び屋根駆けまわり、犬は炬燵で丸くなる »

2014年1月 1日 (水)

謹賀新年 dji Phantom 初日の出

明けましておめでとうございます
何がおめでたいか良くわからなくても、おめでたいと言っておけば、少なくとも頭の中はおめでたいのである

何しろ今年は正月は5日まで堂々と休めるのである(休めない皆さま、ご苦労様です)。
正月はいろいろ忙しいが二日間は飛ばせるのである。 あれ、でも土日の二日間と同じだった。


dji Phantomによる初日の出


googleのnexus7を開いたらここの初日の出は6時54分と出ていたので慌てて近所の遊水池まで行って撮影した。
結構人出が多く、かみさんが迷惑だとうるさいので、後ろの道路で電源を入れて、離陸したら道路なので、上が電線だらけ。しまった自動着陸が使えない場所で離陸した。電線を縫って上空へ行き、撮影開始。しかいs、待てど暮らせど日が出てこない。何かの都合でお日様が出るのを渋るってあるのか?

バッテリーの持ちも心配なので、道路でなく、遊水池の岸辺に着陸して待機。自分は土手の上で火が出るタイミングを見る。nexus7の予定より10分ほど遅れてようやく日が出始めた。何とか1分ほど撮影してローバッテリーのアラームが出て、慌てて安全な場所に着陸。

djiもホームポジションを再設定できるはずだが、スイッチをカチャカチャ数回動かすなんて怪しげな方法は、絶対に間違いないことを確認しないで信用するとトホホの世界が待っている。




さて去年最後の飛行は、忘年会で飲み過ぎて、前の週の鼻血ぶうのおかげで機体のメンテは久しぶりに良く出来ていたのだが、滑走路がぬかるみ、前転し易いスケール機には悪条件であった。比較的飛ばしやすいA1でも、折角作った秘密の爆弾を付けると、滑走できない。爆弾無しでも、前転しまくりで、できるだけ乾いたところを慎重に滑走させてようやく離陸できた。

Cimg4189

やはりここは、墜落しにくい戦車である。しかも前回の戦車を修理したら、なんとサイズの大きいタイガーIにパワーアップした。(中のギヤが欠けていたので昔買ったTigerの壊れていたアンプを載せ換えた)
しかし、敵もバギーカーにパワーしていて、砲弾(自然に帰るエコ弾=6年後だけど)を浴びせても全弾はじき返され、あろうことか、タイヤで砂を浴びせ掛けられてしまった。
やはり近代戦では戦車は使い道が少ない。湾岸戦争ではイラクの戦車は全く歯が立たなかった。アパッチヘリやA-10ウィートホッグで掃射しといておもむろにごとごとかっこつけて進まなければならない。しかいs、頼みのA1は、爆弾を付けての離陸ができなかったのでは、尻尾を巻いて逃げるしかない。



なぜか修理したら機体にSBACH342と表示されて一回り大きくなったコンポ号(正式名称はEXTRA330のままである)は、離陸して10秒も経たないうちにバッテリーアラムが鳴り出す情けない状態になり下がってしまった。バッテリーアラームを無視して新品の充電池で飛ばし続けたら残量が本当に5%まで落ちてしまった。バッテリーにダメージを与えてもおかしくない状態である。
おまけに、飛びはゆっくりだし、上反角が無いくせに、安定度抜群と言えば聞こえが良いが、全く緊張感のない機体になってしまった。修理前も簡単な機体であったがさらに簡単になった。安定度は良いくせにせいぜい2分くらいしか飛ばせない機体機体なんか飛ばしていたらスケール機を飛ばせなくなってします。

Cimg4204

ところがプロペラを3枚にすると、パワーが出ておまけにバッテリーの消費も減った。
2枚ペラもモーターも付属のものだが、一体どんなつもりで選んだんだろう?
2枚ペラは速度の遅い内周のブレードの幅もピッチも大きくして、一見、効率を上げているように思えるが、必要以上に内側の風速を上げても本当に効率が上がるとは限らない。
本当に効果があるかどうかは、秤と電流計で簡単な測定装置でもつくらいとわからないのである。
おや、両方とも持っているぞ。面倒なので考慮の外だったのね

Cimg4192



« 鼻血ブウ | トップページ | ネコは喜び屋根駆けまわり、犬は炬燵で丸くなる »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563069/58860929

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年 dji Phantom 初日の出:

« 鼻血ブウ | トップページ | ネコは喜び屋根駆けまわり、犬は炬燵で丸くなる »