« dji Phantom 不具合の実例 | トップページ

2017年12月 1日 (金)

Phantom4 dji Go4 タブレットの動作確認

ちょっと前にPhantomなどのタブレットアプリdji GO4のタブレットとの相性について述べたが、新しくタブレットを購入したので、手持ちのタブレット類の動作確認表を記す。

dji GO4 手持ちタブレット動作確認表
機種 対応 Androidバージョン
ASUS  ZenPad 3 8.0 (Z581KL) 7.0
HUAWEI M2-802L
シルバーモデル
6.0
Xperia Z5 SOV32(スマホ) 7.0
LG isai LGL22(スマホ) 4.4.2

ZenPad 3 dji Go4動作画面

Djigo4zenpad3

今までメインで使っていたHUAWEI m2の具合がおかしくなったので急遽購入した。
以前の記事に書いたタブレットに必要とされる要件からZenPad3については、スペックからして動作しないということは全く心配してしていない。
Phantomとは、室内で10分くらい接続して、設定の画面を確認しただけで、録画したわけでも、実際に飛ばしたわけでもないが、Qualcomm® SnapdragonTM 650 ヘキサコア 1.8GHz 4GB RAMというスペックから当然余裕で動作するはずである。
実際には、こういった、複雑な電子化された製品は、設計段階での、ちょっとした見落としで、動作しなくなることがたくさん考えられるが、人気のある機種ではそういう問題は早く解決することが期待できる。
この機種も世界中で使いたいと思っている人がたくさんいるに違いない。

こいつの欠点は、画面の解像度は高いが 2,048×1,536ドット (QXGA)という最近にしては真四角に近い形状なので、アプリが意図していない画面構成である恐れがあることである。幸いdji GO4は、画面の解像度をうまく処理しているようでスクリーンショットのように問題なさそうである。

SIM Freeなので安いキャリアを使っての屋外でのデータ通信に対応させて屋外での衛星写真による地形図を表示させている。何しろ、ホームグラウンドはだだっ広い畑なので普通の地図では、ほとんど真っ白が表示されるだけで向きや距離がわかるといっても想像力をよほどたくましくさせないとどこにいるかの把握が難しい。
通信用のSIM今までのHuawei M2-802Lで使っていたMicro SIMを差して起動させるだけで、しばらくするとnifmoで契約しているDocomoの回線と自動的に繋がる。(APNの設定は必要です。nifmo APNの設定 でググってください。簡単です)

今は、調子が悪くて使えなくなったNexus7(2013)という時代遅れだがいまだに名機らしいタブレットから引き継いでいるSIMである。
SIMは音声通話無しのSMS(ショートメール)対応の3GB/月プランでniftyの割引で850円/月である。
車のナビだけでは信用できないのでナビとしては使っているが、ユーチューブなどで動画の視聴は滅多にしないので毎月の使用料は1GB以下なので3GBで充分である。家では高速の光回線からセキュリティ対策を万全に(外部との通信をモニターして怪しい接続をチェックして、異常を発見すれば、そのサイトを潰すようにしているつもり)して使っているので、これで足りなくなったのは、一週間ほど入院して動画を見たときだけである。

これに550円/月を追加すると、音声通話も可能になる。
もっともインターネット電話は、音声通話ができなくても可能である。音声通話自体をほとんど使わずにメールやSMSの方がメインなので、昔、仕事で海外とSkypeで映像つきでやり取りしたくらいだが、最近は、かみさんにLINEのゲームで対抗するために、止む無くLINEを使うようになり、思いついてつい先ほど、かみさんとLINEで通話してみた。
LINEのユーザーは、ほとんど日本で韓国政府がデータを抜き取っているという噂がまことしやかにされているが、ま、かみさんとの電話くらいでは機密事項も何もない。
インターネット電話が面倒なら、nifmoなどの音声通話にすれば良いだけかもしれない。
おサイフケータイ対応機種ならSUICAもできるらしいので、SUICA以外は、SMSとniftyとgmailのメールでほとんど用が足りているのでauのスマホに入っているありがたみもほとんどないようだ。
安い、電話は、通話の品質がひどいのに会社から支給された電話(犬のお父さんの会社)で思い知らされているので 二の足を踏んでいるけど、LINEの音声も、昔使っていたSkypeもそれほど悪くは無かったような気がする…

HUAWEI M2-802L dji Go4動作画面

Djigo4huaweim2

使っていたNexus7が古くなったことによる動作の不安定でdji GOがちゃんと起動しなかったため購入したタブレット。
Hisilicon Kirin 930 オクタコア 4 x A53@2.0GHz + 4 x A53@1.5GHz 2GB RAMなので、同時にたくさんのアプリを立ち上げるようなことがなければ不通に使える。
前に発生したd時Go4のハングアップ(フリーズ)も、使わないアプリの削除や起動の停止の効果や、dji Go4やOSのアップデートなどのせいか、ハングアップは、このところ起きる気配がない。
このモデルは色の違いでメモリが3GB RAM/32GB ROMのゴールドモデルもあるが、自分が持っているのは 2GB RAM/16GB ROMの余裕がそれほどある機種ではない方なので(もっともゴールドモデルは価格のパフォーマンスが悪いようなので持っている人は少ないだろう)、同時に動かすアプリによってはメモリ不足になり易い。

ところが、最近、SIMの接続がときどき切れたり、画面を縦横に持ち変えても、縦位置しか認識しなくなったりした。
SIMの方は再起動すればまず解決が付いたが、縦横は、とうとう固定されたままになってしまった。


Cimg3473

画面をよく見るとヒビが入っている。
dji GOは、タブレットの縦横の検出機能を使わずに横位置を前提として表示するため、dji GO4で直ちに使いにくくなるというわけではないが、nexus7の時を思い出し、使えなくなる前に、慌てて新しいタブレットを買いに行った。
画面の小さいスマホでもdji Goは動くのだが、近いところがよく見えない者として、また、Googleマップをカーナビとして使っている者としては、あの小さな画面では、不便だ。
カーナビは専用機が車に付いているが、Googlマップのマニアックな道案内は、渋滞を避けるのに役に立つのである。
もっとも普通のカーナビも欠かせない。何しろGoogleマップは、普通はこんなところ通らないだろうというような道でも平気で案内するので、これを信用し過ぎると車体を木々に擦りつけ、階段を降りるハメになる。

そのためデータ通信機能は必須なのでSIM Freeでよさそうな機種を価格ドットコムで8インチ前後を調べると(10インチは大き過ぎるので)自分の好みとしてはZenPad3が一番よさそうだった。
値段を調べて見ると、ラジコンバルサ飛行機の一式分の値段である。
アマゾンは値段が高く安いところを探すと、一番安いところより800円高いところで一線に並んでいる。
どうせ買うなら、馴染みの「♪○o○、○o○、○o○、○o○カメラ♪」にしようということで、そのまま通販で買っても良いが、やはり人間を相手に聞きながら買おうと仕事が休みだったので池袋まで行った。

すると、なんと店頭の価格は通販より4000円も高い。
最近の凝ったラーメン5杯を食べられる値段差である。

同じ店でも店頭と通販では、値段が違うと、某○ズ電気で堂々威張られたことがあるので、ここもそういことかと店員に問いただそうとすると、普段はたくさんいるように見えるのに、なぜか急にみな忙しそうにしている。
奥から、のんびりと出てきた、どこかのメーカーの派遣っぱい若者を目ざとく見つけロックオンしたまま手招きした。
同じ○o○カメラなのに、通販とのこの値段な差は、何なのかと聞くと、あっさり偉い人に言えば、その値段まで負けてくれますと、いきなり結論を言う。
ま、当初の思い込み通りの値段では買えるなら、他のもっと安い通販で買ってやると思う必要もないので、「偉い人」に話を付けてもらって、レジで負けてねと言えば良いだけにしてくれたかなんかしたようだ。
しかしレジではなぜか、みな引き気味である ^^;

折角なので、こんなに値段が違うのはどうしてなのと聞くと、貴乃花の回答よりはましという程度の愚にもつかないものでくどくど聞くのも憚りたい内容だった。

結局、ケースも液晶保護ガラスも買わずに(iPhonやiPad用の物ばかり目立ってZenPad用のものは少なくあっても値段交渉するのも面倒なので)本体だけ買って、速攻でAmazonで手配した。

こんなことなら、遠慮せず他のもっと安い通販で買った方が良かったかもしれない。

HUAWEI m2は、dji Go4が動作しなわけでもなく、仕事が休みだった翌日も、Huawei m2は、縦横センサーの問題だけというのを確認して、夜は飲みに行ったので、その翌日に新しいタブレットをセットした。

最近のAndroidは、移行が簡単である。
IDやパスワードさえしっかり管理していれば、パソコンと比べれば、あっという間に終わる。
GPSの衛星の情報を表示するアプリが、GPSの位置情報を取り出せないようで、正しく動作しなかったというようなことは、仕方ないことはあるが、半日でほぼ完全に移行が終了した。
液晶保護ガラスはフィルムでなくガラスである。フィルムよりは、保護力が強そうだ。

Cimg3481

さて、あっさり画面にヒビが入った、HUAWEI M2だが、よく考えてみると、こいつにも保護ガラスを貼っていたのを思い出した。

そういえば保護ガラスが役目を果たさなかったのかどうか、深くは確認せずにパネルが傷ついたと思い込んでいた。
SIMの不調と、回転センサーの不具合から、タッチパネルがひび割れるほどの力が悪さをしたと勝手に思い込んだのかもしれない。
そこで1cmまで近づけるコンデジカメラで撮ってみると、果たして保護ガラスだけが割れているようである。
(写真をクリックすると別のタブで写真が拡大されるので良くわかる)


そこで、はたと気が付いた。
昔の回転検出センサーは、容器の中に小さな玉が入っていてその動きで縦横を検出していたが、しばらく使っていなかったりすると、検出に失敗することがよくあった。
電気的な接触不良で、昔のブラウン管式のテレビと同じで叩くと直る場合が多かった。

まさか、最近のセンサーは、そんな信頼性の低い方法なんか使って無いよね、と思いながら、机で軽くトントン叩くと、軽やかに検出できるようになった。

昔のテレビのような名人芸がどれだけ必要かは分からないが、叩くと直るのは間違いないようである。
フラットケーブルのコネクタの接触の問題といことも考えられる。

なお、くれぐれも強くたたき過ぎないようにという注意をしておく。

結局、完璧にdji GO4が動作するタブレットが2台になってしまった(トホホ)

Xperia Z5 SOV32 dji Go4動作画面

Djigo4sov32

au向けのソニーXperia Z5。
日本製のスマホがすっかり少なくなってしまった今や、数少ない、元気の良い日本製スマホで2年前のモデル。
MSM8994/2.0GHz×4コア+1.5GHz×4コア 3GB RAMでこちらも、当然のようにdji Go4が動作する。
dji Go4の各画面は、各端末の画面サイズにほぼ比例した大きさで表示するようになっているはず(ブラウザによっては、大きさの設定が働かない場合もあるかもしれない)で、クリックして拡大すると、近くがよく見えない人でなければ、必要な情報がちゃんと表示されているのを読み取れるそうだとということががわかるだろう。

画面の解像度(ピクセル数)は、ZenPad3が2048x1536、HUAWEI M2は1980x1200、Zperia Z5が1920x1080で、ピクセル数が多いほど、画面を広く使っていて、飛んできた動画が見えるも範囲も広いようだ(HUAWEI m2とXperiaは同じカメラ位置)。

MavicやSparkのような小さなコントローラなら小さい画面でも近くがよく見えるのであれば全く問題ないだろうが、Phantomのコントローラーの上の小さなスマホは、何となくカッコ悪い。
何となくだけど。

LG isai LGL22 dji Go4動作画面

Djigo4lgl22

今使っているスマホの前のもの。
電話としては使えないが、WiFiは使えるので、試しにdji Go4をインストールしてみた。
発売は2013年12月頃で2014年1月頃購入したもの。
Phantomのタブレット使用の最初の機体(だと思う)Phantom3が出たのが2015年5月とのことなので、それよりずいぶん前である。

OSのバージョンは元々のAndroid4.2を4.4.2にアップデートしたものである。dji Goのサポートのバージョンは資料によって違うというアバウトなものだが、何とか対象に入っているようだ。
CPUは Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974 2.3GHz(クアッドコア)2GB RAMである。
古い割には、結構なスペックなので、それも幸いしたのだろう。

今更、これでdji Goを走らす意味は、あまりありそうもないが、取敢えずこの時代のものでも、それなりのスペックがあればdji Goを動かすことは可能だということが確認できた。

djiによってdji Goの対応機とされているnexus7が2013年発売なので、当然といえば当然かもしれない。

そこで、私はふと気がついた。

自分の持っている調子の悪いnexus7(2013)SIMモデルも、叩けば復活するかもしれない。
そこで、久しぶりに充電した。nexus7はワイヤレス充電qiに対応しているのでiPhone Xよりずっと先を行っていたワイヤレス充電方式である。

さて、20%程度充電すると、案の定タッチパネルに反応せず画面ロックが解除できない。
そこで、秘伝のブラウン管テレビ必殺叩き起こしの術を使った。
すると、なんと、画面をスワイプできたではないか!

なおAndroidのバージョンは6.1。さすがnexus7、アップデートに良く対応している。
dji Go4のインストールも難なく進み、アップデートもログインも正常にできたが、コントローラーとのUSBケーブルによる通信ができなかった。
そういえば、nexus7のUSBは、他の機器との通信を行うためにいろいろいじったはずである。
また、nexus7は(Huawei m2でもそうだったが)センサー系のコネクタの接続不良が起きやすいようだ。
秘儀、寝惚け起こしをいくつか試したが、回転センサーが再び働くなくなる時もあり、たとえ復活しても実際に使うのは怖い状態である。

nexus7(2013)に関しては、海外でも動作確認の例が多いが、古くなるとセンサーが繋がっているフラットケーブルのコネクタの接触に問題が出て来るようなので、一応動いていても、注意した方が良いようだ。

« dji Phantom 不具合の実例 | トップページ

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563069/66110165

この記事へのトラックバック一覧です: Phantom4 dji Go4 タブレットの動作確認:

« dji Phantom 不具合の実例 | トップページ